読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイチャンネル

トクした気にする情報メディア

子供を撮るためのビデオカメラの選び方とオススメビデオカメラ

昨日、はてなを見ていたら気になるエントリーを見つけました。

 子供の運動会に向けてビデオカメラを検討中。でも私は直で眺めていたいのだ。 - 空飛ぶ畳

 

 僕も去年に僕は息子の成長の記録を動画で撮りたくてビデオカメラを買いました。

自分が子供の頃、家族旅行のカメラは父、ビデオカメラは僕という役割分担をしていたので、ビデオカメラの操作についてはある程度、知っていたのですが今の機種については何も知らなかったので下調べをしたところ…。

 

動画を撮れるカメラは選択肢多すぎるんですけど!

僕が撮影をしていた当時、動画を撮ることができるのはビデオカメラだけでしたが、今はビデオカメラ、デジカメ、スマホ…いろんなもので撮ることができるので選択肢が多すぎて混乱しました。

ということで、僕がビデオカメラを選んだ思考をなぞることで、それぞれの人の嗜好、目的にあったカメラを選べればと思います。

 

ちなみに結局僕が買ったのはcanonのG20というカメラです。

canonの民生用のビデオカメラの上位機種で画質もキレイで便利機能盛りだくさんなのに、他のメーカーの上位機種よりも安いというイカれた値段設定がおすすめポイントです。

 

重視したのは手ぶれ補正と画質

素人が撮った動画でなにがつらいって手ブレ。

手ブレした動画は見ていて酔うし、なにをしているかがわかりづらいので

せっかく撮影しても思い出として残しづらいです。

 

そんなものを残すなら静止画の方がいいです。

ということで手ぶれ補正のききがいいものを選ぶことが重要です。

 

あとで見なおすことを考えると、どうせなら画質がきれいなものがいいのです。

毎年買い換えるようなものではないので、出来る限りいいものを選びたいところです。

 

動画は編集したほうが後で見なおした時に楽しいので、編集することを前提に撮影しています。

 

今は4K画像が撮れるビデオカメラもあるのですが、4Kの画像を編集するにはいいスペックのPCと4K対応のソフトが必要になるので、画質が良い物を選びたいからといって4Kはオーバースペック気味です。

フルHDぐらいでいいんじゃないかなと思います。

スマホは便利だけど、撮りたいものが撮れない

常に持っているし、画質も結構いいのですが

望遠がデジタルズームなのでズームすると画質が悪くなるので

大きく撮ろうと思うと望遠レンズをつける必要があります。

望遠レンズをつけると手ブレがヒドくなるのでオススメできません。

 

手ぶれ補正がだいたいのスマホについていますが効きがイマイチです。

iPhone6 plusの光学手ブレ補正はどれぐらいきくんでしょうね…。

Hyperlapseっていうアプリの手ブレ補正の効きはいいのですが、補正するために撮影した動画よりも映像が小さくなってしまうので、あまりおすすめできません。

 

あと音がさびしい…。

 

コンパクトカメラはバッテリーの持ちと手ブレ補正がイマイチ 

スマホにおされて辛い立場に立たされているコンパクトカメラは

動画を撮影機能はおまけなので手ブレがエグいです。

動画を撮るとバッテリーがすぐになくなるようです。

なんで動画撮影をするのにはおすすめしません。

いい機種があるのかもしれませんが…。

 

何かが足りないミラーレス一眼

きれいな動画が撮れるものが多いです。

背景がボケたプロっぽいものを撮ることもできます。

少し古い機種の紹介であれですがsonyNEX-5RPVの撮影にも使われることもあるみたいです。

画質はキレイなんですが、動画専用のものではないので、手ぶれ補正の効きがよくなかったり、ズームが遅かったり、動画のオートフォーカスがイマイチだったりするので、調べた上で検討する必要があります。

僕が買った時には、すべてを満足させてくれる機種はなかったです。

 

 NEX-5Rの後継機にして、最後のNEX。動画を撮ることを意識して作られているけど、結局オートフォーカスのつかみが悪いようです…。被写体(子供)が動かなければ良い選択になりそうです。

 

一眼レフはいいんだけど…値段がなあ

映画の撮影やCM、PV撮影で定番の一眼レフは動画を撮るのにもいいものが多いです。

動画撮影時のオートフォーカスの効き。

動画撮影時の手ぶれ補正の効き。

動画撮影時にズームができるか、ズームした時にフォーカスが自動で変わるか。

このあたりをクリアできるものがあれば、それを選ばれることをおすすめします。

バッテリの持ちが悪いのは、バッテリを大量購入することでカバーです。

ネックは値段ですね…。

 

 

やっぱりビデオカメラが無難

一眼レフだと静止画も撮れるし、設定を変えることでいろんな映像が撮れるのですが、値段とバッテリの持ちといろいろできる分知識が必要になってくるのがネックになってきます。

ビデオカメラは動画専用機なので、廉価帯のものでも手ぶれ補正やオートフォーカスなどは問題ないレベルです。

一眼レフやミラーレスに市場的にはおされていますが、動画をメインに撮りたい!ということなら、まだビデオカメラを選んだほうがいいですが、将来的にはビデオカメラはなくなる気がします。

おすすめのビデオカメラ

このエントリーの冒頭でもふれましたがcanonG20はオススメです。

ズームはあえて10倍までにおさえるなど、あまり必要のない部分を削ることで使いやすさと画質の良さを追求しています。一眼レフみたいに設定をいじることができるのも楽しい。

 

 

手ぶれ補正の効きの良さといえばsonyの光学手ブレ補正ですね。若干クセはありますが手ブレに悩まされることはなくなります。普及価格帯にも実装されているのがうれしいところです。

 

一眼レフで撮った動画とビデオカメラで撮った動画の比較がわかりやすい動画

 


【カメラ】ビデオカメラと一眼ムービーの差とは?キヤノン iVIS HF G10 vs EOS 60D 動画撮 ...

 

ウェアラブルカメラはサブとしては使える

上であげたエントリーへのブクマではGOPROみたいなウェアラブルカメラを進める声がありましたが、画角が広い分被写体が小さくなるのでメインカメラとしてはオススメできません。

サブカメラとして運動会の運動場の全体を写したり、子供に取り付けたりはおすすめします!

 

ビデオカメラを選ぶならyoutubeで検索

僕がcanonG20で撮影した動画です

youtube上にはこんな風に素人が撮影した動画がいっぱいあって、どんな風な撮り味の動画なるのかを確認することができます。

気になったカメラで検索するなどして、ぜひ活用してください。

 


CANON IVIS HF G20で撮ってきました!/sample movie by Canon ...


神戸の花火大会をCANON IVIS HF G20で撮ってきました/ Canon iVIS HF G20 ...