読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイチャンネル

トクした気にする情報メディア

安産祈願に中山寺にいった話と腹帯占いの話(後日談)

以前、中山寺のと腹帯占いの話を書いた気がします。

ログを見なおせばいいのですが

僕は過去を振り返らない男なので見直しません。

面倒くさいんじゃないんです。

仕事中の待ち時間だから見直す時間がないんです。

お察しの通りただの言い訳なんです。

 

中山寺がどんなお寺かって言うと

関西の安産祈願の本山にしてメッカ。

妊婦とその家族は足を向けて寝れないようなお寺なんですが

そこにお参りをして、いくらか祈祷料をおさめると

お守りと一緒に腹帯をいただけるんです。

 

たぶん、腹帯自体は無事に出産したお礼に参った家族が

収めたモノなんだと思いますが(縁起がいいですね)

その腹帯には男とか女とか性別が書いてあるんですね。

 で、その腹帯に書かれている性別がなにかによって

子供が男の子なのか女の子なのかを占うというのが

腹帯占いになります。

占いには2つの説がありまして

ひとつは書いてある性別で生まれる。

ひとつは書いていない方で生まれる。

ん?それってどっちかわからないってことなんじゃ…。

 

ということでどちらの説が正しかったのかを検証しました…

というのが前のエントリーだったはず。

で、実は続きがあるんです。

生まれた後、しばらくしたら性同一性障害なことが発覚したとかではないです。

妹も今年の1月に子供を産んだんです。

しかも中山寺にお参りをして腹帯ももらっているんです。

つまりこの占いのサンプルが2つに増えたんです。

 

これ以上ひっぱっても仕様がないので

ずばっと言うと妹は男の子の帯をもらって娘を生みました。

僕は男の子の帯をもらって息子が生まれました。

 

っていうことは…腹帯占いは両説とも正しかったってことです!

すごいよ!中山寺

 


戌の日って何?中山寺に行こう!プレパパシリーズ/Easy delivery prayer,dog's day ... 

 


出産報告と中山寺の占いの結果とくまみこが面白い話/プレパパシリーズ - YouTube