読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイチャンネル

トクした気にする情報メディア

AMPLIFiってモデリングアンプをおすすめする理由

LINE6がAMPLIFiっていうギターアンプを発売するみたいです。

 

LINE6なんでこれも当然モデリングアンプです。

アンプ70種以上、エフェクト100種以上、スピーカー・キャビネット20種以上ってあるので、今まであった分は概ね入っているのかな。

 

以前から様々なアンプをエミュレートできるモデリングアンプは販売しているんですが

今回のものの最大の特徴はiPhoneのアプリでパラメーターがコントロールできるところです。

パラメーターの保存ができるので、

家の練習で使った設定と同じ設定をスタジオのアンプで瞬時に設定できちゃいます。

すごい。

まあスピーカーのヘタリ具合や、そもそも周辺環境が違うので

調整は必要になってくるんでしょうけど、

エフェクターの設定なんかも保存できるみたいなんで

だいぶ楽にはなるんでしょうね。

スタジオにもAMPLIFiがあれば。

あれば。

あるか?

 

bluetooth経由で音楽を流せる機能があったりもします。

これは便利かもしれない。

iPhoneスマホの中の音楽をbluetoothで飛ばして

このギターアンプから流せるのです。

練習する時のオケを流すのに便利な機能ですが

リビングにアンプを置けば

オーディオアンプとしても使えちゃいます。

 

オーディオアンプにもなるギターアンプですよ。

どうですか?お客さん!

 

っていま気づきましたけど

このアンプAMPLIFiって名前なのにwifi使ってないよね…。

 

http://jp.line6.com/amplifi/